協議会について About Us

いなばのジビエ推進協議会とは

野生鳥獣による農作物被害を減らし、ジビエ資源として有効利用する活動を行っています。

鳥取県東部では、イノシシ・シカの農産物等への被害額は依然として高い水準にあり、捕獲・殺処分される頭数も増加していますが、その大部分が廃棄されているのが現状です。

当協議会では、動物たちの貴い生命を奪う代わりに、獣肉を高級食材のジビエとして有効利用し、精肉や加工品、飲食店でのメニュー等として売り出すため、平成24年5月に県東部1市4町の狩猟者、獣肉処理業者、食肉販売業者、飲食店などが連携し「いなばのジビエ推進協議会」が設立され、さまざまな活動を行っています。

美味しい森からの贈り物 ― ジビエ

ジビエ肉は、高タンパク、低カロリーで栄養価の高いヘルシーな食材であり、こうしたジビエとしての利活用は、農作物被害を起こすマイナスの存在であった野生鳥獣を、地域に恩恵をもたらすプラスの存在に変え、人と野生鳥獣が共存し、豊かな自然環境を保つためのサスティナブルな活動につながっています。

「おいしくてヘルシー、そして、環境にもやさしい」 そんなとっとりのジビエについて、動画でご覧いただけます。

会長ご挨拶

いなばのジビエ推進協議会 会長 長尾裕昭

平成24年の協議会設立以来、行政機関はじめ会員の皆様には、協議会へのご協力誠にありがとうございます。

『森の厄介者を地域の宝に』の言葉のもと10年近く活動してきたなか、川上側・川中側は一応の成果を上げてきておりますが、川下側の(消費)活動がまだまだの状況が続いております。

当協議会の事業活動が、地域経済振興の一翼を担うものと信じ活動していく所存ですので、旧にも倍しまして関係者ならびに消費者の皆様のご支援ご協力お願い申し上げます。

いなばのジビエ推進協議会 会長
長尾 裕昭

協議会概要

名称いなばのジビエ推進協議会
事務局〒689-0405 鳥取県鳥取市鹿野町鹿野1517
TEL 080-2948-3404 
FAX 0857-84-2598
代表者長尾 裕昭
設立平成24年5月17日
活動内容・安全安心なジビエ供給体制の整備
・ジビエのイメージアップとおいしさPR
・販売促進と消費拡大
・一頭まるごと利活用

協議会の主な活動

当協議会の主な活動をPDFにてご覧いただけます。



会員

※2021年3月現在 (50音順)

沿革

2013(平成25)年 3月鳥取県より地域の資源を活用した活動「鳥取力」にて優秀賞を受賞
2017(平成29)年 11月わかさ29工房が農林水産省より「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」に選定
2018(平成30)年 2月当協議会が農林水産省より鳥獣被害対策優良活動表彰において農林水産大臣賞を受賞
2018(平成30)年 3月鳥取銀行が内閣官房 まち・ひと・しごと創生本部事務局より金融機関の特徴的な取組事例にて表彰

トップページに戻る