美味しいシカ肉やイノシシ肉、革製品を活用したジビエの推進活動を行っています。

 

協議会について

 

いなばのジビエ推進協議会とは

いなばのジビエ推進協議会とは
 
鳥取県東部では、イノシシ・シカの農産物等への被害額は依然として高い水準にあり、

捕獲・殺処分される頭数も増加していますが、その大部分が廃棄されているのが現状です。

動物たちの貴い生命を奪う代わりに、獣肉を高級食材のジビエとして有効利用し、精肉や加工品、飲食店でのメニュー等とし
 
て売り出すため、平成24年5月に県東部1市4町の狩猟者、獣肉処理業者、食肉販売業者、飲食店などが連携し「いなばのジ
 
ビエ連絡協議会」が設立され、さまざまな活動を行っています。
 
 
  • 平成24年5月17日「いなばのジビエ連絡協議会」として発足
 
  • 狩猟者から飲食店まで、県東部のジビエ関係者39団体が加入
 
  • 東部地域の1市4町、商工関係機関も協力して支援
 
  • 事務局:株式会社ふるさと鹿野(鳥取市鹿野町)
 
  • 会長:長尾裕昭(株式会社ふるさと鹿野代表取締役)
 
  • 平成25年3月25日「いなばのジビエ推進協議会」に名称変更
<<いなばのジビエ推進協議会>> 〒689-0405 鳥取県鳥取市鹿野町鹿野1517 TEL:080-2948-3404 FAX:0857-84-2598